男性

電子記録債権による信頼性の高い金銭債権|様々な業務を支援

宛名データをクリーニング

パソコンを操作する人

日本における転居率や企業の倒産率とは非常に高く、その結果としてダイレクトメールの不着率が高くなるのです。電話番号クリーニング業者では電話番号を利用して宛名データをクリーニングし、不着率を大幅に削減することが可能です。

もっと読む

新しい金銭債権のメリット

オフィス

企業間の金銭貸借における立場というのは、債権者及び債務者と呼ばれるものになります。債権というのは、金銭を貸した側の企業が金銭を借りた側の企業に対して、その債務内容に見合った金銭や行為等を請求することのできる権利です。債務者というのは、お金を借りた側の企業のことを指します。これらの金銭賃借のことを債権取引ともいい、企業間の債権取引の主な方法として指名債権(売掛債権)と呼ばれる方法が用いられます。指名債権(売掛債権)というのは、3社間における債権取引で用いられる方法で、債権を他企業に譲渡することができます。また、これらの債権取引で発生した債務の企業における主な決済方法は、手形と呼ばれるものになっています。手形というのは、債務者がその支払に関して一定期間後に行うことを約束するために発行する書面です。しかし、この手形での債権取引や指名債権(売掛債権)にはデメリットが存在しました。電子記録債権と呼ばれる新しい金銭債権では、それらのデメリットを克服しており企業にとってもメリットを得ることのできる内容となっています。
電子記録債権では、指名債権(売掛債権)で発生していた二重譲渡や請求先不存在といった問題を解決しています。また、紙手形発行において企業内の経理担当者に掛かっていた負担を電子記録債権で大きく軽減することが可能です。債権の電子記録となるので、紙手形が不要となり管理に掛かっていたコストも削減することが可能です。電子記録債権の大きなメリットは、従来の手形決済ではできなかった分割払いができるようになったという点です。これは債務者側が返済しやすく、債権者側も確実に債務を回収できるのです。電子記録債権では、企業内のコスト削減だけでなく安全で確実な金銭債権を実現することが可能なのです。

非文章形式の営業日報

スーツの男性

メールやエクセルで管理される営業日報には様々な問題点がありました。CRMと呼ばれる顧客情報管理システムではそういった問題を解決し、営業日報を非文章化することで案件進捗状況をより明確なものにすることができます。

もっと読む

コスト削減と業務支援

電話

電話代行と呼ばれるアウトソーシングサービスは、企業の代わりに電話対応を行なってくれるサービスです。このサービスを導入することによって、コストの削減や業務効率の向上を実現することができるでしょう。

もっと読む